代表:継野勇一がこだわる調査機材への自信

当社では、調査で使用する調査機材の情報と、研究を行い、
実際に調査で利用出来る高性能な機材を揃えることに力を注いでいます。
力を注ぐ理由に、当社の代表、継野勇一のこだわりが大きく関係します。
例えば、浮気調査で遠距離からの撮影が必要になったとき、光学ズームで1400倍という遠距離からの撮影が可能です。この数字は、他社と比べて10倍から30倍程度あると認識しています。



継野勇一の理念、調査員が使ってこその高性能調査機材

高性能な調査機材をただ揃えるだけではありません。その機材を使う人間が、使いこなすことが出来てこそ、優れた探偵である証明になります。(なみき合同探偵社代表 継野勇一
そのため、調査機材を購入したら、調査員は調査の前に必ず機材を使いこなすために、練習を重ねております。



調査を失敗しない方法を考える

浮気調査では、一度調査がバレてしまうと、その案件の難易度は高くなります。
そのため、当社ではバレない調査を行うことに努力し、遠距離からの撮影、暗闇でも撮影可能な暗視カメラを使い調査を行います。
また、それらの機材を使う調査員のレベルが大変重要だと当社では考えています。
「調査では、バレないことを最優先にすること」(継野勇一 談)
それが、なみき合同探偵社の設立者である継野勇一の考えになります。